在留資格認定申請サポート

経営管理(旧 投資経営)ビザ申請サポート

サポートの内容

在留資格認定証明書の交付に必要な一切の手続(申請作成、添付書類の準備、入国管理局への申請手続き、書類取得等)の申請代行を行います。

  • 事前相談
    呼び寄せる在留資格についての必要な要件、手続きの流れなど当初からサポートいたします。
  • 申請書類作成
    申請書類の作成、収集、理由書等の作成を行います。
  • 提出の代行
    行政書士が申請の代行を行いますので、申請者が入国管理局へ行く必要はありません。

サービス料金

報酬額

120,000円(税抜)~

法定費用

法定費用は必要ありません。

在留資格認定証明書とは?

在留資格認定証明書交付申請とは、海外の外国人の方を日本に呼び寄せるための手続きです。

例えば、現在海外にいる外国人の方に日本で働いてもらうために呼び寄せるような場合は、この在留資格認定書交付申請を行う必要があります。

呼び寄せる理由としては、様々でしょうが、主に以下のような場合が該当します。

・海外から優秀なIT関連技術者を日本に招へいしたい
・海外にいる配偶者を日本に呼び寄せたい
・中国やインドなどから、コックやシェフを日本に招へいしたい

この申請は、上記のような外国人の方を雇用する日本の会社や日本に在留している関係者が、事前に入国管理局等に申請を行い、その外国人が日本に来ることが望ましいかどうかを審査するというものになります。

在留資格認定証明書が交付された場合は、外国人の方が来日する際には在外公館においてビザ申請の際にこれを添付することにより、短期間でビザが取得できることとなります。

在海外在住外国人を日本に招聘するまでの流れ

本人(外国人)からの申請依頼

日本にいる代理人や会社、関係者などが申請書類の収集・作成を行います。
また、申請者本人も本国の証明書類等を準備し、関係者等に郵送します。

手続きの流れ

入国管理局への申請

手続きの流れ

審査後、証明書発行

日本にいる代理人、関係者等に証明書が発行されると、申請者本人に証明書を郵送します。

手続きの流れ

ビザ申請

申請者本人が、郵送された証明書をもって、在外の日本大使館にビザ発給を申請します。

手続きの流れ

ビザ発行後、来日

入国後90日以内に市区町村に外国人登録を行います。

許認可手続きについて、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県を中心に関西一円での各種許認可手続きに関して、お電話にて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

各種許認可申請について、お困りの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る