経営管理(旧 投資経営)ビザ申請サポート

経営管理(旧 投資経営)ビザ申請サポート

経営管理(旧投資経営)ビザ取得までの流れ

投資経営ビザから経営管理ビザへの改正の際、事業を開始しようとする場合であって、法人の登記が完了していないときには、定款その他当該法人を設立しようとしていることを明らかにする書類の写しをもって、申請することが可能となりました。

会社を設立する前での申請も可能ということになっていますが、実務上は、登記申請が終わった段階での申請をお勧めします。

会社本店、営業所となる物件の確保

手続きの流れ

会社設立手続の後、税務署への設立届等の提出
※定款を作成した段階での申請も可能となっています。

手続きの流れ

内装工事等と並行して許認可が必要な業種の場合は、許認可申請手続

手続きの流れ

入国管理局へのビザ申請書類準備後、申請

手続きの流れ

経営管理(旧投資経営)ビザ取得

経営管理(旧 投資経営)ビザの概要

許認可手続きについて、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県を中心に関西一円での各種許認可手続きに関して、お電話にて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

各種許認可申請について、お困りの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る