経営管理(旧 投資経営)ビザ申請サポート

経営管理(旧 投資経営)ビザ申請サポート

経営管理(旧 投資経営)ビザ取得の要件

申請を行うためには、簡潔にまとめると以下の要件を満たす必要があります。

・500万円以上の出資 又は 二名以上の常勤の従業員
・営業所の確保

その他、申請者の状況によって、細かな申請要件が異なってきます。

1)申請人が日本において貿易その他の事業の経営を開始しようとする場合

  1. 事業を営むための事業所として使用する施設が日本に確保されていること
  2. 事業がその経営または管理に従事する者以外に2人以上の日本に居住する者(日本人、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者)で、 常勤の職員が従事して営まれる規模のものであること

2)申請人が日本における貿易その他の事業に投資してその経営を行い、または事業の管理に従事し、ま たは事業の経営を開始した外国人(外国法人を含む)または事業に投資している外国人に代わって経営を行い、または事業の管理に従事しようとする場合

  1. 事業を営むための事業所が日本に存在すること。
  2. 事業がその経営または管理に従事する者以外に2人以上の日本に居住する者(日本人、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者)で、 常勤の職員が従事して営まれる規模のものであること

3)申請人が日本における貿易その他の事業の管理に従事しようとする場合

  1. 事業の経営または管理について3年以上の経験(大学院において経営または管理に係る科目を専攻した期間を含む)を有すること
  2. 日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること

※2人以上の常勤職員の雇用がなくても、新規事業を開始する場合の投資額が年間500万円以上あれば要件を満たすこととなります。また、 一度投資された500万円以上の投資は、その後も回収されるこ となく維持されることが必要です。

経営管理(旧 投資経営)ビザの概要

許認可手続きについて、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県を中心に関西一円での各種許認可手続きに関して、お電話にて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

各種許認可申請について、お困りの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る