経営管理(旧 投資経営)ビザ申請サポート

経営管理(旧 投資経営)ビザ申請サポート

経営管理(旧 投資経営)ビザの注意点

経営管理(旧投資経営)ビザとは、外国人の方が日本で会社を設立して事業を行う場合や、外国人が経営する事業の管理を行う場合などに取得する在留資格です。

投資経営ビザから経営管理ビザへと名称が変わり、若干申請要件も緩和された部分もありますが、実務上はこれまでと同程度の準備を行い、申請することが確実な在留資格の取得に必要となっています。

この在留資格は、経営者として事業に実質的に参加する必要がありますので、具体的には代表取締役社長、取締役、監査役、部長、支店長などが該当します。

また会社を設立する場合には、不十分な知識で会社設立を行った場合、資金の流れや資本金額などが影響して、経営管理(旧投資経営)を取得できないという状況もよくありますので、注意が必要です。

特に大きな設備投資が必要な事業、飲食店などを経営する場合、店舗の賃貸借契約、内装工事などの設備投資が必要になり、許可取得に至るまでに大きな費用が必要となります。

申請の結果、万が一にもビザが不許可となった場合などには、その事業を営むことも出来ず、準備した会社や店舗などを処分するような結果になってしまうこともあります。

経営管理(旧投資経営)の取得に関しましては、手続きを始める前に経験が豊富な専門家にご相談されることをご一考ください。

経営管理(旧 投資経営)ビザの概要

許認可手続きについて、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県を中心に関西一円での各種許認可手続きに関して、お電話にて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

各種許認可申請について、お困りの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る