永住許可(ビザ)申請サポート

永住許可(ビザ)申請サポート

永住ビザに必要な在留年数

一般的には継続して10年以上、日本に在留していることが求められます。

また、外交、社会、経済、文化等の分野において、特別に日本への貢献があると認められた人については、5年以上の在留で永住許可が認められるケースもあります。

その他の主なケースを以下に記載しています。

留学生

留学生の場合、日本に来て、学業終了後就労などのビザに変更した場合、変更後5年以上の在留歴が必要になります。

日本人・永住者・特別永住者の配偶者

日本人・永住者・特別永住者の配偶者の場合は、実体を伴った婚姻生活が3年以上継続していて、かつ、引き続き日本に1年以上在留していることが必要です。

それらの方の実子等の場合については、1年以上本邦に継続して在留していることが必要です。

婚姻後に夫婦で海外で暮らしていた場合でも、婚姻後3年以上を経過していて、直近の1年間を日本に戻り、在留しているようなケースでも永住許可申請は可能です。

定住者

定住者の方については、5年以上の在留が必要になります。

在留特別許可

オーバーステイの状態から在留特別許可を得て配偶者ビザをとった方が、永住許可(ビザ)申請をする場合は、普通にビザを取得している人よりは、時間はかかります。

申請までに、婚姻後5年以上の期間は待った方がよいと思われます。

長期の出張などが多い場合

引き続いて10年以上の在留年数の要件を形式的に満たしていても、実質的に見ると海外出張などが多く、直近1~2年間をあまり日本ですごしていないというような場合がよくあります。

この場合、形式的に要件を満たしていたとしても、永住許可(ビザ)申請は不許可になる可能性があります。

入国管理局では、「実質上、日本にいたのは1年間の内、どのくらいの日数なのか」という視点でも審査しています。

永住許可(ビザ)の概要

許認可手続きについて、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県を中心に関西一円での各種許認可手続きに関して、お電話にて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

各種許認可申請について、お困りの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る