永住許可(ビザ)申請サポート

永住許可(ビザ)申請サポート

永住ビザ申請の要件

1.素行が善良であること

法律を守って、社会的生活を送っているかどうかが判断されます。

主に、犯罪歴などがないことや所得税や住民税などを納めていることなどが問われることとなります。

身近な問題として考えられるのは道路交通法違反だと思われますが、駐車違反やスピード違反などの軽度の違反なども繰り返さないようにするなど、普段の心がけに気を配る必要があります。

2.独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること

将来にわたって、安定した日常生活を営むことができる収入や財産があることが重要となります。

3.その者の永住が日本国の利益に合すると認められること

申請者が永住資格を取得することで、日本に利益があるかを判断されることとなります。
※日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、特別永住者の配偶者や子については2の要件は免除されます。

永住許可(ビザ)の概要

許認可手続きについて、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県を中心に関西一円での各種許認可手続きに関して、お電話にて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

各種許認可申請について、お困りの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る