旅館業許可申請サポート

旅館業許可申請サポート

許可の取り直し・承継・変更

許可の取り直し

・施設を取り壊して建て直す場合
・大規模な施設の増築、改修
・施設の買い取り等、施設をそのまま使用して別の営業者が営業を開始する場合

上記の場合については、許可の取り直しをする必要があります。

事業の継承

・旅館等を営む法人が、合併または分割する場合で、引き続き旅館業を営業する場合
・個人営業者が死亡した場合、相続人が被相続人の営んでいた旅館業を引き続き「営もうとする場合

上記の場合については、都道府県知事の承認を得る必要があります。
(合併、分割は登記前・死亡は後60日以内)

変更

・営業者の住所(法人は所在地)・氏名(法人は代表者名)
・施設名称
・施設の構造設備の軽微変更
・施設の管理者
・営業内容
・営業の休止
・営業の廃止

上記の変更は、10日以内に都道府県知事へ届出する必要があります。

旅館業許可の概要

許認可手続きについて、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県を中心に関西一円での各種許認可手続きに関して、お電話にて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

各種許認可申請について、お困りの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る