建設業許可申請サポート

建設業許可申請サポート

建設業許可とは?

建設業を営もうとする者は、「軽微な建設工事」のみを請け負う場合を除き、建設業の許可を受ける必要があります。

「軽微な工事」とは、下の表のとおりで、この金額以内の工事であれば、建設業の許可は必要ありません。

業 種 工事1件の請負代金の額
建築一式工事以外 500万円未満
建築一式工事 1500万円未満 又は 面積が150平方メートル未満の 木造住宅の工事

また、以下の業種を営まれる場合は建設業の許可が必要ない工事でも、他の法律により登録を行う必要がある場合があります。

浄化槽工事業の登録

浄化槽工事業を営む場合は、請負金額に関わらず、浄化槽工事業の登録又は届出が必要になります。

解体工事業の登録

解体工事業を営む場合は、平成13年12月以降、請負金額に関わらず、解体工事業の登録が必要になります。

ただし、建設業許可のうち「土木工事業」、「建築工事業」もしくは「とび・土工工事業」のいずれかの許可を受けている場合は登録の必要はありません。

電気工事業の届出

建設業許可を受けて電気工事業を営む場合は、電気工事業の業務の適正化に関する法律に基づき、建設業許可とは別に電気工事業の届出が必要になります。

建設業許可の概要

許認可手続きについて、何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県を中心に関西一円での各種許認可手続きに関して、お電話にて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

各種許認可申請について、お困りの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る